Lightning テーマ外観カスタマイズ

Lightning Themeの外観カスタマイズはframeworkがお勧め?。

WordPress リポジトリからのテーマでは、WordPress基準沿ったテーマ制作となり、コツコツとcodeを書くのですが、Customizeはかなりの時間を要します。そこで、同じリポジトリにあるFramework プラグインを利用すれば、それ程の時間を掛けずUI的にも優れたカスタマイズ画面を作る事が可能となります。

此方のビキナーズサイトの外観カスタマイズでは、子テーマより以来方式の追加機能としてますが、画面の様なUI的にデザイン含めてのカスタマイズは、かなりの手間を要します。

画面は、まだLightningテーマへ組み込んではおりませんが、frameworkを利用すると以下のサンプルが可能となります。ページやBlogレイアウト変更や、header部レイアウト変更、SNSのicon順番もドラックドロップで可能と、操作とわかり易いテーマカスタマイズです。

このテーマカスタマイズに特化した、framework の kirkiというプラグインですが、2014年から開発初めているそうです。実は以前よりテーマカスタマイズ用に Redux framework があり、此方は既に利用はしていますが、内容が多義に渡り重くなりがちで、kirki では機能豊富でも動作が軽い特徴があり、昨今人気なプラグインとなっています。

kirki Customize framework プラグインは、こちら

但し Redux framework は、外観カスタマイズ以外のカスタマイズ専用管理画面でも同じ操作が出来ます。kirki は外観カスタマイズのみ。Redux と kirki は使い方次第という処でしょう。
ビキナーズ参加者の方も、初心者から離脱し自在にWordPressを扱える様に頑張りましょう。お手伝いやアドバイスは承っております。